メイン写真

Heart ブログHeart blog

2020.01.23

2月スタートバッチフラワーレベル1☆PTTコース

2月スタート☆レベル1愛知PTTコース(2時間×6回)
下記の2コースを受付中です♪


木曜午前クラス2/13~(10時半~12時半)
(会場:日進市竹の山/カフェベルスール


「健康を考える」をコンセプトにしたカフェの別棟☆
木材をふんだんに使ったお部屋をお借りしています。

名古屋インター方面や長久手、東郷、三好方面からも便利かなと思います。
駐車場もありますし、ランチやカフェも素敵です♪
(モーニングの炭パンや温野菜たっぷり使ったランチも美味しかったです☆)

土曜午後クラス2/15~(13時半~15時半)
(会場:名古屋市瑞穂区/ハート)


こちらはいつもの会場(ハート)です♪
残席少なくなっています。


2クラスともにお問合せ/お申込はハートまで♪
(振替等のご相談にも応じています。お気軽にお問合わせ下さい)


shine心と感情をケアするバッチフラワーレメディshine
フラワーレメディを毎日の生活に取り入れてみませんか♪

 

バッチ国際教育プログラム(BIEP)の詳細は
一般社団法人バッチホリスティック研究会


biepbanner.gif

====================================
バッチ国際教育プログラムはバッチフラワーレメディについて、
バッチ博士から直接継承されたものを、体系的に学ぶ事を目的としています。

現在、世界20か国で開催されており、
日本では一般社団法人バッチホリスティック研究会が、
英国バッチセンターとネルソン社の認可を受けて開催しています。

BIEPはレベル1~3で構成されていおり、レベル3まで受講すると
プラクティショナーとして国際登録をすることができます。

レベル1は初めての方から経験者まで安心して学べる基本のコースです。
通学2日間コース、通信教育の他、バッチホリスティック研究会の統括のもと、
PTT講師として特別研修を受けた開催県のプラクティショナーが担当するPTTコースがあります。

レベル1PTTコースは2時間×6回で、毎回レメディを体験しながら
ゆっくりと学びを深めることができ、6回を修了すると研究会を通して修了証が授与されます。
====================================

DSC_7239.JPG

2020.01.16

バッチフラワー&バイオグラフィーワーク

2020年、はやくも2週間が過ぎました。
暖冬とはいえ、冬の澄んだ空気に背筋がピンと伸びる気がします。

先週末、2015年から受講中のバイオグラフィーワーカー養成コースに参加しました。
卒業が間近なので、今回は卒業プロジェクトの発表もありました。
何とか無事終えることができてほっとしています♪

まだ発表が終わっていないメンバーもいるので、4月までコースは続きますが、
プロジェクトの準備をしていた昨年秋からお正月休みにかけて、
バッチフラワーレメディはとても心強い味方となりました。

・卒業プロジェクト(発表)をやり終えることが出来ないような気がして
プレッシャーで押しつぶされそうになった時➡エルム

・仕事や家事で忙しく、準備が全く進まず、早くしなきゃと焦る気持ちに
インパチェンス

・過去を振り返るのがしんどく感じる時
(問題に直面するのを避けて、表面的には何事もなかったように明るく振る舞う)
アグリモニー

・卒業プロジェクトに取り組むことは、1つの節目でもありました。
人生の変化の時期のために➡ウォルナット
 

自分のことを知ることは、
他者を理解するのと同じくとても大切な事だと思いますが、
バイオグラフィーワークを通じて、振り返りの大切さも実感しています。

振り返ることが出来た時、
人生の出来事が本当の意味で血肉となり、
また、新たな視点を獲得することができる。

バッチフラワーのプラクティショナーになると、
年に1回、CPD(Continuing Professional development)として
過去1年の活動や学びを振り返る機会があります。

CPDも振り返りであり、
同時にプロとして継続して学び続けるということになります。

バッチを使い始めてから14年ほどになりますが、
昨年秋にCPDをまとめていて、アグリモニーのレメディに関する気づきもありました。

アグリモニー20190916-04.jpg

201910レメディアグリモニー.jpg


また、バッチフラワーの講座もバイオグラフィーワークも、
グループワークを基本としています。

1人では決してできない(お互い他者の存在からも学ぶ)のは大切だなぁと実感しています。

週末の1/19(日)は、バッチフラワー読書会(会場ハート)も開催予定です。
バッチフラワーに関心のある方なら、どなたでもご参加いただけます。

ご興味があれば、お気軽にお問合せ下さい♪

2019.11.21

9月レベル1PTTコースが修了しました☆

9月~11月に開催したBIEP(バッチ国際教育プログラム)
レベル1PTTコースが修了しました☆

今回8名の受講生が参加され、全員レベル1を修了することができました。

6回の講座はあっと言う間ではありましたが、
自分ひとりでは出来ない学びもたくさんあったと思います。

ありがとうございました☆☆

9月のスタートの頃には、まだアグリモニーが咲いていました♪

201910レメディアグリモニー.jpg



PTT20191102.jpg

セラトーは少しずつですが次々と咲き続けています
セラトーボックスと.jpg

ワーク中です♪

PTT6回目20191102.JPG


差し入れのお菓子やみかん♪休憩中にいただきました♡

お菓子.jpg

2019.07.16

イギリス旅行記(3)~バッチセンター庭の花~

訪れる年や時期によって、ガーデンの表情は刻々と変わるのでしょうが、
その日の庭は盛夏から晩夏に向かいはじめたばかりといった佇まいでした。

あちこちで見かけたアグリモニー。イガイガの種ができはじめていたました。

バッチセンターアグリモニー1.jpg

まだまだ蕾をたくさんつけていた、アーチを上るクレマチス

バッチセンタークレマチス2.jpg

ロックローズもすでにたくさんの種を実らせていました。

バッチセンターロックローズ3.jpg


ヴァーベインはほぼ花は終わりで、花が残っているものがちらほらと。

 

バッチセンターバーベイン.jpgのサムネイル画像


麦わら色になり始めたワールドオート

バッチセンターワイルドオート1.jpg

チェリープラムは赤い実をつけていました♪
早春に白い花を咲かせていたのですね~

バッチセンターチェリープラム実.jpg


バッチセンター庭2.jpg

 

2019.07.16

イギリス旅行記(2)~バッチセンターへ~

いよいよバッチセンターでの研修旅行が始まります!

初めて訪れるバッチセンター。
バッチ博士が晩年レメディ作りをしながら過ごした家でもあり、
現在もバッチセンターとして使われています。

センターはパディントン駅からGWRでDidcot Parkway駅下車。
そこからタクシーで約15分位の静かなソットウェル村にあります。
(Brightwell-cum-sotwell)

列車2.jpg

 

地元のタクシーの運転手さんは、バッチフラワーの事を知ってはいるみたい。。
でもそれほど有名というわけではない??

そうこうしているうちにセンターに到着!
ここです!本当に写真の通りのたたずまいで、ひっそりと静かにありました。

バッチセンター4.jpg


お庭の様子もとてもナチュラル。
まずは自由にお庭の散策をしました。

まず最初に目を奪われたのはあちこちで満開のチコリ。

バッチセンターチコリ1.jpg

バッチセンターチコリ2.jpg


そして、水辺にミムラスがありました。
ミムラス2.jpg
 

バッチセンターミムラス2.jpg

その後、村の散歩中にあちこちの庭でも見かけたセラトー
濃いブルーがとても綺麗。

セラトー2.jpg

セラトー3.jpg

ハニーサックルは満開を過ぎていましたが、まだまだ色鮮やかに花を咲かせています。

BCハニーサックル201905.jpg

BCハニーサックル1.jpg


バッチ博士やノラ・ウィークスも過ごしたこの庭。
今も保護され、そして誰もが訪れることができ、いつでも私たちを受け入れてくれる。

ごく自然にそのままにあること。
当たり前のようで、実はとても難しいことでもある。

博士の偉業はもちろんだけれども、それを守る人々に思いをはせると、
感謝の気持ちがあふれてくるお庭での体験でした。
(つづく。。)

2019.07.16

イギリス旅行記(1)

バッチフラワーのルーツを訪ねる研修旅行に行ってきました♪

名古屋からルフトハンザ航空(フランクフルト経由)にて、
ロンドンのヒースロー到着は夜の6時過ぎ。
ヒースローエクスプレスを使ってパディントン駅に7時半頃到着しました。

パディントン1.jpg


イギリスはこの時期夜遅くまで明るいのですが、
久々の海外旅行でもあり、ホテルに着くとさすがにほっとして爆睡(笑)
翌朝はホテルの近くを散歩しました。

さっそくセイヨウトチノキ
(ホワイトチェストナット、チェストナットバッド)を発見!

トチノキは街路樹としてあちこちで使われていて、
花が終わって実を結び始めていました。

パディントン9.jpg


パディントン2.jpg

それにしても目を見張るのは、街路樹の大きい事。
樹齢何百年?かと思うような樹木があちこちにあり、
ロンドンのような都会でも、緑豊かなイギリスを実感しました。

パディントン7.jpg

初日はナショナルギャラリーとテートブリテンへ出発♪
慣れない地下鉄に乗るのに最初は四苦八苦しながらも(汗)
片言英語でも優しく道を教えてくれるジェントルマン&レディに助けられながら、
名だたる絵画やお目当ての絵画もゆっくり鑑賞できて、
時間を忘れる良い時間でした。

また、入場料無料という英国の文化に感動しつつ
午後には念願の太陽も顔をのぞかせてくれました。

テートブリテン.jpg


そして夜は東京、福岡など各地から集まったバッチセンターへご一緒するメンバーと
初顔合わせの食事会。

写真ないですが、レバノン料理を食べて(ヘルシーで美味しかった!)
その後ホテルの一室でビールで乾杯しました!

いよいよ明日はバッチセンターへ向かいます。

2019.06.20

バッチフラワー☆セラトーとバーベイン

バッチフラワーレメディにも使われる植物、
セラトーの花が咲きました☆
(バッチフラワー仲間から、昨年いただいた苗です)

セラトー201906.jpg

セラトーは自分の内なる知恵を信じ、
静かな確信をもって使命に従えるよう導いてくれるレメディ。

自分の中の答えが信じられず、他者に助言を求めすぎたり、
情報集めにやっきになっているうちに、
違う方向に進んでしまうような時に使います。


なぜバッチ博士がこの花をそのような感情に選んだのかはわかりませんが、
深~い青色を見ていると、心が落ち着き、内なる心の声に
耳を傾けられるような気がします。
 

そして一度苗を植えて以来、
毎年雑草のようにレンガの隙間からも芽吹くバーベイン。
花はとても可愛い♡(画像の向きが横向いてます。。。)

ヴァーベイン201906.jpgのサムネイル画像

人生や物事に対して広い視野を持ち、
自分の信念を人に押し付けず、リラックスできるように
バランスを取ってくれるレメディ

正義感や自分の信念に向かって邁進し、
熱くなりすぎるあまり時に押しつけがましく、
緊張感が強い時にも使います。


目立たず、よく見ないと通り過ぎてしまうような草花が
とても可憐な花をつけていることはよくありますが、
バーベインもよく見ないとわからないくらい小さな花です。

花に感情を癒す力があるのはなぜか?

レメディの働きも、人生の学びも、
自分で体験を積み重ねていくしかないけれど、
レメディ選びを通じて、
私たちの中にある性質を客観的に見ることは、
とても大切な事だと思います。

 

2019.06.07

アロマフェイシャル&フラワーレメディ

ホリスティックフェイシャル(アロマ&フラワーレメディ、手浴付)


アロマテラピーのフェイシャル
(クレンジング~トリートメント~パック~仕上げ~頭皮マッサージ)と
バッチフラワーレメディのミニコンサルテーションを組み合わせたコースです。


ハーブティーを飲みながら、
心の状態に合わせたバッチフラワーレメディでマイボトルを作り、

お顔とデコルテのトリートメントの香りを選びます。

本日は野生のラベンダー&ローマンカモミール

手浴ではゼラニウムの香りを入れて、上半身の緊張をほぐします。
(花壇で育ったウベニアオイとジャーマンカモミール
を浮かべました。)
ブルーマロウの青色が涼しげです♪

本日のクライアントさんは、
介護の日々に続き、今はお孫さんのお世話などでお忙しく過ごされているとのこと。
今日は妹さんからのプレゼントでご来店されました♪

慌ただしい毎日の中、ほんの数時間(たとえ数十分でも)
頭をまっさらにして、今ここに集中し、
リラックスした時間を過ごすことは本当に大切です。

今年は寒暖差もあり体調管理も大変ですが、
アロマ、ハーブ、バッチフラワー☆
植物の恵みを生活に取り入れて、健やかな日々を送れますように。

心と身体をケアするホリスティックフェイシャル


手浴ウスベニアオイ.jpg

 

2019.05.23

バッチフラワー☆植物観察会

BFRP東海主催の植物観察会に参加しました☆
5月とはいえ暑い位の晴天のもと、
大人の遠足気分でバッチフラワーの植物を観察し、
よく歩き(この日ばかりは一万歩越えです!)よく笑い、
そしてスケッチの時には木々と向き合う静かな時間を過ごしました。
 

本日の開花はハニーサックル
赤い花冠の内側は白く、受粉すると黄色くなります。
レメディは煮沸法で、赤と白い花を中心に作られるそうです。

ハニーサックル201905.jpg


ハニーサックル
”楽しい思い出を懐かしんでいたり、
いやな思い出にとらわれていたり、
過去にばかり気持ちが向いて、今を充分に生きられない時に”

『バッチフラワーレメディのある暮らし(著者:林サオダ)』より引用

感情に良い悪いはないとしても、
ノスタルジックな思い出も過去のいやな思い出も、
どちらも今の自分に確実につながっていると思え、
どんな経験も内面的な豊かさへとつながる実事を感できたら、

過去、現在、未来の時間軸の中で、
今この瞬間を楽しむことを助けてくれるレメディ、ハニーサックル
花の時期は意外と長く、秋には赤い実をつける様子も観察できます。


他にも下記のバッチフラワーで使う植物の近縁種などを見て回りました。
シデの仲間(ホーンビーム)、ブナ(ビーチ)、ポプラ(アスペン)、
トチノキ(チェストナット)、カラマツ(ラーチ)、
ベニバスモモ(チェリープラム)、山リンゴ(クラブアップル)、オリーブ


スケッチでは2月から定点観察しているビーチを選んで描きました。
スケッチすることで、見るだけでは気が付かな事に気づくこともあり、
ビーチの若葉の周りの銀色の産毛は光を透かして光り輝き、
とても綺麗でした。

観察会の様子は⇒BFRP東海のブログをご覧下さい☆




 

 

2019.04.29

『バッチ博士の遺産(汝自身を癒せ)』読書会でした☆

4月27日(土)、ハートで3回目となる『バッチ博士の遺産』の読書会でした。

約7ページの第5章は、
親と子、先生と生徒など、人と人との関係性について書かれています。

魂や良心の呼びかけについて、
親の支配から自分自身を守り、真の自由を獲得するには?
親や教師の真の役割とは?
人生の本当の勝利とは?


子育てに限らず、職場の人間関係や夫婦間など、
誰にでも共通するテーマだと思います。

簡単に答えが出るわけではないけれど、
皆で読むからこその気づきがたくさんありましたshine

修了後はハーブティ―やコーヒー、
近所のプーフレカンテさんのチョコデニッシュやポテチなどで茶話会ribbon

希望者はバッチフラワーのマイボトルを作って持ち帰りました。

職場の後輩にボトルをプレゼントするという方もいて、
バッチフラワーの広がりを感じますshine

次回の読書会は6月30日(日)10時~12時となります。
(12時から自由参加の茶話会です♪)

ご参加をお待ちしております☆
*お申込はメール(HPのお問合せメールから)
またはお電話(052-841-1717)でお気軽にお知らせ下さい。

ハート読書会201904.jpg

 

レメディボックス201904.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8 最新
〒467-0068 
愛知県名古屋市瑞穂区内方町1-29-2
map
TEL: 052-841-1717
FAX:052-841-1719
営業時間 / 10:00~18:00
定休日/ 日・祝
 
Copyright (c) 2012 アロマテラピーサロン&スクール ハート. Allrights Reserved.