メイン写真

Heart ブログHeart blog

2016.04.10

クラブアップルの花☆

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
新入学や新年度を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか?

4月に入り、講座やアロマトリートメント、
そしてバッチフラワーレメディのスタンダードコンサルテーション研修、
東海バッチフラワーの集いなどが続きました。

人との出会いや日々の事を通じての学びの日々ですが、
呼吸と同じで、吸ってばかりでは苦しくなります。

頭をからっぽにするために、少し時間の空いた午前中、
東山植物園に行ってきました。

お目当てはクラブアップル(山リンゴ)の花

風の強い日で、写真はピンボケですが。。。
何という初々しさと可愛らしさ!

クラブアップル.JPG

クラブアップルは、
バッチフラワーレメディでも使われている植物です。

”物理的にも精神的にも「清める」レメディと言われ、
些細な事が気になって自己嫌悪に陥ったり、
潔癖さを求めすぎてしまいつらい時、
不完全さを受け入れて、
リラックスして受け止めることができるレメディとして使われています。”


この木の下でぼんやり花を見ていたら、
初々しさについて考えさせられました。

萌え始めたばかりの木々の新緑や、
やがて実を結ぶであろう可憐な花々。

初々しく、人の心に柔らかい希望と優しさを与えつつも、
同時にそこはかとない頼りなさをかもしだし、
ほのかな不安を投げかけているように感じます。

繊細であるがゆえの葛藤を受け入れること、
そして、柔らかい心を保ちつつ成熟していくことは、
一見相反するように思えるかもしれませんが、
それが初々しさにつながるのかもしれません。

ところでクラブアップルのレメディは外用に使っても役立ちます。
花粉が気になる今の時期、
私は下記のレシピのローションを愛用しています。

スプレーボトルに入れて、手や髪にスプレーするととても快適です。

cuteローズスプレー(50ml)
・無水エタノール5ml
・グリセリン5ml
・ローズオットー(精油)2滴
・クラブアップル(フラワ―レメディ) 2滴
・精製水 40ml

ぜんぶ混ぜて完成です。
花粉からも守ってくれるような気がしますlovely

 



 

2016.02.25

AEAJアロマテラピーインストラクターコース

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
日差しは明るくなりましたが、風はまだまだ冷たいですね。

アロマテラピーインストラクタ―コース
(AEAJアロマテラピーインストラクター資格対応コース)
 ⇃
3月開講週末集中(日・祝)コースの開講が決まりました。
3月21日(月・祝)スタートです。
<詳細日程はこちら→>

ご要望があり、急きょ開講が決まりました。

スタートまで1か月をきっておりますが、
振替対応などできる限りご相談させていただきますので、
お気軽にお問い合わせ願います。

尚、4月開講平日集中(月)コースの開講も決定しておりますので、
両コースでの振替受講(無料)も可能です。

インストラクターコースで学ぶ内容は、
自然療法という観点では、土台作りにもなると思います。

アロマテラピーの専門知識や利用法はもちろんですが、
心と身体の関連性、恒常性について、
Q.O.L(クオリティ オブ ライフ=生活の質)を高めること、
タッチングの意義、ボランティアの理解、
メンタルヘルス、社会との関わりなどなど、

資格を取ることももちろん大きな目標の1つですが、
しっかりと学ぶことで、地に足のついた力をつける。

自分の中の好奇心を目覚めさせ、土壌を耕し、
将来蒔く種を考えるflair

蒔く種は人それぞれです。

・講師や教室運営
・アロマセラピスト(インストラクターコースはアロマセラピスト学科前期課程)
・自分や身近な人の健康管理
・他の自然療法との併用(ハーブやフラワーレメディ)
・美容、医療など今お持ちのスキルとのコラボ
・香育活動(子供の教育)
・食
・環境活動
・ボランティアetc.

まもなく3月。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせ下さいnotes


TEL:(052)841-1717
メール:heart@artist-japan.com

ピンクネコヤナギ.JPG

 ピンクネコヤナギ(東山植物園2016.2月23日)


 

2016.02.23

風邪予防のアロマ&ハーブ(フェンネルシロップ作り方)

アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
三寒四温の時期ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

風邪もはやっていますね。
昔読んだ本に野口整体、野口晴哉氏著「風邪の効用」というのがありました。

きちんと対処してすっきり治れば、確かに効用もあるのですが、
仕事や家庭などで忙しくしていると、、、
やはり風邪をひくとつらいですよね。

予防法として、アロマやハーブはとても役立ちます。

ユーカリ、ニアウリを使った蒸気吸入
ユーカリ、ニアウリの他、ティートリー、ラヴァンサラ、ラベンダーを使った芳香浴

お好みの香りを加えれば、安眠にもつながります。

ハーブティーはおかしいな?と思った時に早めに飲むと(1日3回)、
回復を助けてくれます。

秋冬の風邪対策の定番ハーブとして、
エルダーフラワー、エキナセア、ウスベニアオイ、ローズヒップ、
ジャーマンカモミール
などがありますが、

・メドゥスィート・・・発汗を促がし利尿を助ける。
ほのかに甘い風味で軽い頭痛にもおすすめです。
(かつては消炎・鎮痛薬(アスピリン)の原料としても使われたハーブです。)

・ワイルドストロベリー・・・腎臓のお茶と呼ばれています。
排泄を促がし、代謝を高めます。

・マレイン・・・去痰作用があり、呼吸器が楽になります。

・フェンネル・・・甘い風味で飲みやすいです。軽い咳にもおすすめです。

これらも風邪のタイプによっては役立ちます。

のどがイガイガする時は、
ハーブティーに少し甘味をつけると飲みやすいです。

ハチミツでもOKですが、
フェンネルシロップ花梨のはちみつ漬けなども良いですねnotes

昨夏収穫したフェンネルです⇃

フェンネルドライ1.JPG

乾燥した果実をすりつぶしたもの。⇃
(すりつぶしてお茶にすると香りが良いです。)

フェンネルシロップ1.JPG

<フェンネルシロップの作り方>
①フェンネル5gを細かくつぶす。
②熱湯100mlで10分間抽出して濾す。
③抽出液とグラニュー糖30gを加えて、小鍋で煮る。(約10分位)
④少しとろみがついたら火を止め、完全に冷まして清潔なビンで保存する。
(冷蔵庫に入れて、早目に使い切る。)

<使い方>
・ハーブティーなどの飲み物にティースプーン1杯ほど入れる。
・ヨーグルトなどにかける((メープルシロップと混ぜてもおいしいです。)

2016.01.14

ベルガモットの香り♪

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
ようやく冬らしいきりっとした寒さとなりました。

ブログページにご訪問いただきありがとうございます。

今日は専門学校のアロマテラピーの授業があり、
香りを体験するための実習(サシェ作り)を行いました。

昨年までのまとめとして、
ゼラニウム、イランイラン、ジュニパーベリー、イランイランの香りの特徴を確認し、
香りの表現方法などを説明し、実習に入りました。

お正月明けのこの時期、なんとなく無気力な様子を漂わせている生徒もいます。

それでも実習を通じて対応するとあれこれ話してくれる生徒もいて、
香りと共に少しずつ気持ちがほぐれてくると、
表情も和やかになっていきます。

コットンとお茶パックを使って、
自分で香りを2~3種類選んで作る簡単なサシェ作りでしたが、

今日一番人気だった香りはベルガモットnotes

ベルガモット
学名:Citrus bergamia

berugamotto.jpg


柑橘系(シトラス調)のフレッシュな香りでありながら、
わずかにお花の甘い香りのする絶妙なバランスの香り♪


イタリアが主産地の植物で、
心に一筋の光がさしこむような気分にさせてくれる香りです。


冬場や更年期、月経前の気持ちの落ち込みにもとてもおすすめです。
(紅茶のアールグレーの香りづけにも使われています。)

専門学校の生徒たちが
めっちゃいい香り!っと言ってるのが、すごく面白かった。

寒くて、後期試験も間近、卒業も間近というデリケートな時期でもあるし、
お正月休み明けなので、分かる気がします。。。

ベルガモットの他に10代の生徒たちに人気がある香りは、
オレンジスィートやペパーミント

ただし、単独ではなく、ラベンダーやゼラニウム、ローズマリーなどと
ブレンドするとやはり好まれます。

アロマ上級者の大人の女性には、ベルガモットに
フランキンセンスやネロリとのブレンドもおすすめです。

ブレンドすることで、色々な状況に対応できるのは
アロマテラピーの良さの1つでもあります。

コットンやティッシュペーパーに香りを2~3滴含ませて
テーブルに置いたり、バッグに入れるだけで
その場の空気感や気分は確実に変わります。

香りの力って改めてすごいですheart01

 

2016.01.05

イランイランの香り

アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
ブログページにご訪問いただきありがとうございます。

5日は仕事始め。
セッティングを終えて、朝は毎年恒例の初えびすに行きました。

熱田神宮に参拝し、そのまま上知我麻神社へ。

「知恵の文殊様」としても崇められていて、
神社の両脇には大黒様恵比寿様が祀られています。

***************************

サロンに戻って、
今年最初のクライアントさんは、イランイランの香りが大好きな方でしたshine

イランイランは木の花の香りで、
名前はタガログ語(フィリピンの言語)で『花の中の花』を意味する植物。

濃厚なフローラル調で、
不安や緊張感を緩めて、気持ちを安定させると言われています。

イランイラン.jpg

お正月休み中というクライアントさんは、
とにかくゆっくりとリラックスしたいとのご希望。

普段お忙しい方なので、残りの休みをゆったりと満喫していただけるよう
イランイラン、ゼラニウム、サンダルウッドの3種類の精油をブレンドして
トリートメントを行いました。

(フットバスではラベンダーとオレンジスィートの香りの岩塩を使用。)

イランイランは好みが分かれる香りでもありますが、
意外にどんな香りとも良くなじみ、受容性が高い香りだと思います。

濃厚な香りが苦手な方は、
サイプレスやペパーミントと合わせても使いやすくなりますよnotes

今回はイランイランとゼラニウムで気持ちを明るく安定させ、
サンダルウッドで1年の始まりを神聖な気持ちでスタートできるよう選びました。
(お肌にも良いブレンドですcute

華やかで落ち着いた香りでのスタートとなりました。


 

 

2015.12.29

亜麻仁油の家具用ワックス

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
今年も残り数日となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

木の家具(無垢材)を磨くために、
亜麻仁油の家具用ワックスを作りました。

材料は
・亜麻仁油 100ml
・ミツロウ   20g
・精油(ラベンダー、オレンジスィート) 各5滴


亜麻仁油はα-リノレン酸(n-3系、オメガ3)を含む健康的な油として、
食用でも近年良く知られています。

今回は家具用の亜麻仁油を使いました。

ワックス材料.JPGのサムネイル画像

亜麻仁油は乾性油といって、
空気中に放置すると乾燥する性質があります。

そのため、古くから家具のメンテナンスでも用いられています。

亜麻仁油をそのまま家具に塗ることもできますが、
ちょっと香りが独特です。
(何となく魚っぽいにおいがします。。。)

参考までに、亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸は、
体内で青魚に多く含まれるEPAなどに変換されます。

今回作った家具用ワックスには、
香りの良いラベンダーと、
油汚れを分解する作用のあるオレンジスィートの精油を加えました。


ワックス.JPG

作り方は、
亜麻仁油とミツロウを耐熱容器に入れて湯せんにかけます。
溶けたら精油を加えて固まったら完成です。(写真右)

お湯を沸かしたついでに、ハンド用のクリーム(練り香)も作りました。
(写真左)

ワックス出来上がり.JPG

ハンド用クリーム(練り香)の材料は
・ホホバ油 15ml
・ミツロウ   2g
・精油(ジャスミンアブソリュート、ベンゾイン、ゼラニウム) 各1滴


ワックスは上の写真の背景にある木のカウンターと靴箱に塗る予定です。

使い始めて10年位は毎年塗っていたけれど、
ここ数年は塗っていませんでしたcoldsweats01

今年は大晦日にメンテナンスしたいと思います。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015.12.24

アロマワークショップ☆自然香水

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
今年は暖かいクリスマスイブとなりましたxmas

クリスマスイブの日、
【自然香水】のアロマワークショップを行いました。

1自然香水.JPGのサムネイル画像


精油(エッセンシャルオイル)で作る自然香水は、
心のバランスを整えて、
気持ちのスイッチを切り替えるためにとても役立ちます。
 

自然香水は、一般的な香水と違って香りも穏やかで、
強く残ることはありませんが、
必要な信号はちゃんと脳に送られています。
 

ミニ講座の後、
参加者のそれぞれがテーマを決めて、
香りを選んでいきました。

shine疲れのリセット
shine頭をすっきり
shine女性らしさを感じさせる
shine女性、ピンクのイメージでどこででも使える香り
shine心の安定、家族との調和


皆さん、とても素敵な香りに仕上がりました!
すべて天然精油ですが、色合いのグラデーョンも綺麗でしたnotes

自然香水2.JPGのサムネイル画像

皆様どうぞ良いクリスマスをお迎えくださいribbon


















 

2015.11.04

アロマトリートメントのレシピ

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
小春日和と呼ぶのにピッタリな暖かい日が続きますね。

サロンでのアロマトリートメントメニューの1つに
上半身集中コースがあります。

ハーブの手浴で手を温めてから、
うつ伏せでの肩から背中、仰向けで手と腕デコルテなど
上半身や頭皮を中心としたトリートメントです。

手浴は手をお湯につけるだけでも肩の力がふっと抜けますが、
同時に肩や腕など上半身が温まり、
ハーブの香りや見た目の美しさで気持ちも落ち着きます。

今日はリンデンとラベンダーを使いました。

手浴には、
リンデンやラベンダー、ローズなど香りのよいハーブの他、
ウスベニアオイなど、お肌にも優しくしっとりとしたハーブも良く使います。

関節のこわばりが気になる時や、
頭をすっきりさせたい時はローズマリーもおすすめです。
(ラベンダーとのブレンドもおすすめです。)

今日のクライアントさんは肩こりと目の疲れが気になり、
身体ががちがちとのこと。
(好きな香りでリラックスしたいというアロマセラピストさんであり、
ハーブの専門家でもありました。)

精油は3種類を選びトリートメントを行いました。
・フランキンセンス
・ネロリ
・マージョラム


呼吸をゆったりと整えるフランキンセンス。
神経系のバランスをとり優雅な気持ちに導くネロリ。
身体と心と緩めてリラックスすることで、コリや疲労を和らげるマージョラム。

落ち着きのある優雅さと、
ほのかにスパイシーな温かみのある優しい香りとなりました。
 

アロマのトリートメントはやっぱり良いな~と
改めて実感した1日でしたshine

agurimoni.JPG

↑自分の内面をさらけ出す勇気(アグリモニー)

2015.11.03

文化の日、そしてアロマの日

アロマ&ナチュラルセラピーハートです。
冴え冴えと晴れ渡る青空の日が続きますね。

11月3日は文化の日。
AEAJではこの日をアロマの日としています。

文化を広辞苑で引いてみると、説明の1つに
「人間が学習によって社会から習得した生活の仕方の総称。
衣食住を始め技術・学問・芸術・道徳・宗教など
物心両面に渡る生活形成の様式と内容を含む。」
とありました。

物心両面とは、やはりとてもホリステック(全体的)であり、
生活の仕方の総称とはflairとても面白いと思いました。

文化勲章を受章された染色家で人間国宝の志村ふくみさん、
インタビューでのお話がとても印象的でした。

「一介の女の仕事だと思っておりましたけれど、
今日こうして勲章をいただきまして、
自分一人の仕事ではないのだと気づきました。
日本の女性がずっと仕事をしてきた、目立たない仕事でしたけど
それを貫いてきたことを私を通して皆様に知っていただけたら
大変嬉しいと思います。」

ノーベル賞を受賞された大村先生が
亡くなられた奥様の写真を大切に持たれているのも、
素敵だな~っと思いました。

様々な分野で功績を上げられている方々のおかげで、
そして過去から受け継がれてきた数限りない人々の力、
さらに自然そのものの力、、、
今の私たちの暮らしも、そんな土台の上に成り立っているんだと思うと、
改めて有り難い気持ちでいっぱいになります。

文化って、敷居が高いイメージがあるけれど、
もしかしたらとても身近なものなのかもしれない!
と感じた日でした。

難しく考えずに、
日本の季節の行事をちょっとだけ取り入れてみるとか、
二十四節気(にじゅうしせっき)を知るとか、
それだけでも身近な自然に敬意を払うことにつながっていく。

日々の暮らしのが、ほんの少しでも文化的なものになれば、
きっと心も育まれるに違いない。

アロマテラピーも、いつか香りの文化になるのかな~
(日本の香道のような)

できることから、少しずつmaple

今日は娘と近くの公園でお昼を食べて、半日過ごしました。

ほんのり紅葉した葉っぱもちらほらあり、
空がとても美しい1日でした。

文化の日.jpgのサムネイル画像

 

2015.11.01

AEAJアロマテラピー検定試験日でした。

アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
今日はAEAJ第33回アロマテラピー検定の試験日でした。

受験をされた皆さま、お疲れ様でした。

アロマテラピーという言葉は、認知度の高い言葉となりました。

しかし、植物の香りに色々な力があることは、
まだまだ知られていないと感じることも多いです。

私が初めて精油を使ったのは、大学生の時でした。
その時期にホリスティックという言葉にも出会いました。

その後就職し、様々なストレスにさらされる日々の中で、
心と身体の関連性や、
食べ物の重要性にも関心を持ちました。

薬だけに頼らずに、
自分で自分をケアする方法があること。
それが植物などを使う方法(自然療法)であること。

自分の身体にも関心がでてきて、
ちょっとした不調があると、
精油やハーブを使って自分で実験する日々でした。

振り返ると、香りの好みも年代やその時の状況で変わることも多く、
良く使った精油やハーブを振り返ると、
その当時の自分を振り帰る良いきっかけになっています。

健康管理、美容、ストレスケア、
最近は医療や介護の現場でも、
アロマテラピーはますます広がりを見せています。
AEAJ公式HP(アロマの現場)

今の自分や周りの人々にとって、
アロマやハーブを学ぶことは恩恵になると確信しています。

正しい知識を持って、安全にアロマテラピ―を楽しむためにも
しっかり学んで安全に使いこなして下さいね。

次回のアロマテラピー検定対応コース
11月16日(月)13:30~開講予定です。

DSC_0445.JPG



 

最初 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8 最新
〒467-0068 
愛知県名古屋市瑞穂区内方町1-29-2
map
TEL: 052-841-1717
FAX:052-841-1719
営業時間 / 10:00~18:00
定休日/ 日・祝
 
Copyright (c) 2012 アロマテラピーサロン&スクール ハート. Allrights Reserved.