メイン写真

Heart ブログHeart blog

2022.07.25

夏のハーブティー(グリーンルイボス&レモンバーベナ)

本格的な暑さが続きますね。

紫外線や暑さによるストレスから身を守りたい時に、
グリーンルイボスとフレッシュレモンバーベナのブレンドはいかがでしょうか。

グリーンルイボスティー.jpgのサムネイル画像

ルイボスティーといえば、赤みの強いルイボスティーが一般的で、
ノンカフェインで抗酸化作用の強いお茶として知られています。

同じ植物ではありますが、
グリーンルイボスティーは製造過程での発酵を抑えることで、
赤いルイボスの10倍以上フラボノイド(ポリフェノールの一種)を含むそうです。

ルイボス特有のアスパラチンというフラボノイド成分は
80倍以上というデータもあるようです。

汗と共に失われがちな微量ミネラル(マグネシウム、カルシウムなど)も豊富で、
何より、くせのない優しい風味で飲みやすいお茶です。
(身体にすぅーと入っていく感じがします。)

シングルでも飲みやすいですが、
フレッシュのレモンバーベナのハーブを合わせると、
すっきりしたレモン風味と香りがプラスされ、
鮮やかな緑も清々しくて、気分をリフレッシュしてくれます。

レモンバーベナ(ベルベーヌ)⇓
南米原産で暑さにも強く、鉢植えでも良く育ちます。

ドライハーブティーも売られていますが、
生のハーブの香りは格別ですshine
葉に触れるだけでも香りで気持ちが明るくなりおすすめです♪

レモンバーベナ2.JPG



 

2022.07.07

ハイビスカス&ローズヒップのゼリー

梅雨明け後も蒸し暑い日が続きますね。
夏になるとハーブティーやフルーツを使ってゼリーを作ります。

一番のおすすめはハイビスカスとローズヒップのハーブティーに
グレープフルーツを入れたゼリーです☆

☆ハイビスカス
 ルビー色のお茶は抗酸化作用トップクラスです。
 クエン酸などの酸味やミネラルが疲れを癒してくれます。

☆ローズヒップ
 豊富なビタミンCやフラボノイドで元気をチャージ。
 ストレスや炎症のある時にもおすすめのハーブです。



ローズヒップゼリーミント.jpg

<材料と作り方>約10個分
1)ハイビスカスとローズヒップのドライハーブ(合わせて20~25g)に
  熱湯800mlを注ぎ、ハーブティーを抽出します。(10分以上しっかり抽出)

2)濾したハーブティ―にふやかしたゼラチン(粉ゼラチン10gを水100mlで溶かしたもの、
  溶け切らない場合はレンジ弱で15秒~30秒かけてしっかり溶かす)
  粗糖などお好みの甘味80g位~(適量でOK)
  お好みでレモン汁大さじ1を加えて良く混ぜます。

3)あらかじめグレープフルーツのむき身をグラスに入れておき、
  粗熱がとれたゼリー液を濾しながら注ぎます。
  冷蔵庫で冷やして出来上がりです☆

お好みのハーブやフルーツを使って、ぜひお試し下さい☆

⇃ハイビスカスとローズヒップのドライハーブ

ゼリー2.jpg





 


 

2022.05.05

5月のセージ&タイムの花

セージとタイムの花が満開になりました☆

セージ花壇2022.jpg
 

セージ花瓶202205.jpg

セージ(学名:Salvia officinalis)

古くから
葉を肉の臭み消しなどに料理、またお茶に使います。
ラテン語で「救う」を意味するサルべーレが名前の語源で、
ヨーロッパのことわざに「セージを植える庭から病人はでない」
 

また、抗酸化力があるため長寿のハーブともいわれています。
前に染色で使った時は、
麻布が鮮やかなレモンイエローになりました。
 

*ドライハーブを使用する場合は、
 使用量に注意の上、充分にお調べの上お使い下さい。

タイム202205.jpg

タイム(学名:Thymus vulgaris)

殺菌作用が強く、シチューなど煮込み料理や肉や魚の臭み消しに使います。
のどの痛みや咳などにお茶でも使えます。

色々な品種がありますが、
初夏にピンク色の可愛らしい花が咲きます。
(ガーデニングのグランドカバーにもおすすめ)
 

*ドライハーブを使用する場合は、
 使用量に注意の上、充分にお調べの上お使い下さい。

⇃こちらは2014年、貸農園で育てていたタイムです♪

タイム花2015.5月.JPG

2022.01.08

今日のハーブティー

AEAJの<心のめぐりを、整える>キャンペーン☆

精油の香りだと、
ゼラニウム、ベルガモット、グレープフルーツ、スィートオレンジ、
ローズマリー、ペパーミント、ネロリなどが思い浮かびます。

ハーブティー(薬草/香草)は
身体の内側からめぐりを整えるのが得意です。

*めぐりを整える☆おすすめのブレンド*

エルダーフラワー
(身体を温め発汗を促すハーブ)
ネトル
(鉄分などミネラル豊富な浄血ハーブ)
レモンバーベナ
(豊かな香りで気持ちを上向きに)


ブレンド0108.jpgのサムネイル画像


ハイビスカス、ルイボス、ジンジャー、ぺーパーミントなどもおすすめです。

お正月に食べ過ぎてしまって消化力の落ちている方は、
上記ブレンドのレモンバーベナをペパーミントに変えるのもおすすめです。

エルダーフラワーやネトルはアレルギー予防のハーブでもあります。

今の時期から日々の生活に取り入れることで、
花粉の時期を楽に過ごせることも多いです。

コーヒー、紅茶も美味しいですが、
時にはハーブティーもぜひお試しください。

 

2021.12.25

JAMHAメディカルハーブ試験☆合格おめでとうございます

11月開催のJAMHA(日本メディカルハーブ協会)各試験の合格発表があり、
ハーバルセラピスト
シニアハーバルセラピスト
ハーバルプラクティショナー試験を受験した受講生の方々から
合格しました♪との連絡をいただきました。

皆さま、試験合格おめでとうございますnotes

試験前に受講する各講座は全18単位の連続講座となりますが、
他にも試験対策講座や自宅学習など、
覚えることも山のようにありますし、
試験勉強は本当に大変だったと思います。

また、今回は初のCBT試験という形式が導入され、
試験期間中に日程や会場を選んでパソコンでの受験となり、
プレッシャーを感じることもあったかと思います。

それぞれの努力の甲斐あっての合格です。
まずはほっと一息ですね、本当に良かったですshine

試験内容は薬草(メディカルハーブ)の知識(安全面や注意事項も含めて)は
もちろん、身体や病気の基本のメカニズムや植物療法でのアプローチ法、
また、ライフスタイル(食事、運動、休養やストレスケア)の重要性など、
幅広い内容です。
 

特にプラクティショナー試験は
ハーバルセラピストやシニアハーバルセラピストで学ぶ30種のハーブに加え、
新たに約40種のメディカルハーブが追加されますし、
構造式の基本を含めた植物化学が中心ですので、
かなりの数の成分も覚えていく必要があります。

私自身、自分が受けた時もその後も本当に勉強は大変だったのですが、
例えばアミノ酸代謝などの代謝経路1つとっても、
またクロロフィルとヘモグロビンの構造を知った時の感動など、
化学を通じて食事の大切さも理解がぐっと深まりましたし、
植物の素晴らしさを化学的な視点からとらえ直すこともでき、
本当に勉強して良かったと思っています。

これからも学んだことをどんどん実践し、
楽しみながら、植物療法の魅力を周りの方へ伝えていって下さいね。

HT0922.jpg


 

2021.04.10

シニアハーバルセラピストコース最終日

JAMHA認定シニアハーバルセラピストコース
昨年から今年1月にかけてスタートしたクラスが無事終了いたしました。
ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

1クラスはオンラインクラスでしたが、
最終日は論文発表もあるため、対面クラスと合同で行いました。

論文では植物療法に関わるテーマを自由に選びますが、
それぞれの個性あふれるテーマと論文内容に、
植物療法の奥深さや幅広い活用の楽しさを実感する時間となりました。

SHT論文.jpg

5月の試験に向けて、まだまだ学びは続きますが、
まずは発表が終わったこと、ほっと一息だと思います。

下記日程で修了生向けの試験対策講座の開催も決まりました。
5/7(金)10:00~11:30(オンライン)
5/8(土)13:30~15:00


風薫る5月、ハーブもぐんぐんと元気に育つ季節、
知識を実践に活かしながら、ハーブの学びは続いていきます☆

スペアミントを入れたジンジャーエールと桜餅/味噌松風⇃

mohi-to.jpg

 

2021.02.24

カレンデュラクリーム☆

休みの日にカレンデュラのクリームを作りました。

カレンデュラお肌のヒーリングハーブ
ルテイン、ゼアキサンチン、リコピンなどのカルテノイドをたっぷり含み
お肌の修復に役立ちます。

キク科のエディブルフラワーでもあり
フレッシュハーブは少量をサラダに散らすのもおすすめです。
(黄色の色素ルテインたっぷりで目の健康にも役立ちます。)

⇓こちらは一昨年プランターで育てたカレンデュラ
(自分で育てると、新鮮なので色も鮮やかで見るだけでも元気になります☆)

カレンデュラ生2016.JPG

カレンデュラドライ2016.JPG


⇓マカデミアナッツ油で2週間ほど漬けこみ(左側/今回は市販のドライハーブを使用)
(右側はローション用チンキ(リンデン、ジャーマンカモミール、ヒース、ローズマリー))

浸出油カレンデュラ.jpg

⇓2週間ほど経ったらガーゼでこします。

カレンデュラ抽出中.jpg

ミツロウと一緒に湯せんにかけてクリーム(バーム)が完成
カレンデュラバーム.jpg

精油(ネロリ、ゼラニウム、フランキンセンス)もプラスしてみました。

作るのに一手間かかりますが、
出来上がった時にはささやかな達成感がありますnotes
(春先のカサカサ肌にも安心です♪)

もう少し暖かくなったら、
今年はカレンデュラの種まきをしたいと思ってます☆

⇓ケーキにも☆カレンデュラとローズの豆乳パウンドケーキ
(ドライハーブを焼きこんであります)
カレンデュラとローズのケーキ.JPG

 

2021.02.22

ホワイトセージと梅の花

花壇のホワイトセージがめちゃくちゃ大きく育っていて(木質化)
先端が重すぎて折れてしまいました。

折れた枝の綺麗な葉を乾燥させまして、
使いたいという方にもらって頂いてますが、
しっかり乾いたので残りをビンに詰めました。

⇓ホワイトセージの白い葉(独特の清涼感のある香りがあります)

ホワイトセージ.jpg

ホワイトセージは場の浄化など、
お香のように焚いて(スマッジング)使う事が多いです。
(ネイティヴアメリカンのようにmoon3

ところで昨年末から22年ぶりに(!)茶道のお稽古を再開しました。
(その頃からお世話になっていた先生のもとで)

先生の庭で剪定した梅の枝を頂きまして、
固くて小さな小さな蕾だったのが、
2週間ほどで花が咲き始めました♪

まだまだ寒い日が続きますが、春らしさを感じました。

梅の花202002.jpg

 

2020.11.17

ローリエの葉っぱ☆

花壇にあるローリエの木。
20年以上前に植えた木ですが、先日葉っぱを少し収穫しました。

ローリエ乾燥中.jpg

ローリエ(ローレル、ベイリーフ、月桂樹)の葉は、
形も色もとても綺麗です。

つやつやしてて、「栄光」「勝利」という花言葉にうなずける佇まいです。

太陽神アポロンとも関連が深く、
古代オリンピックで有名な月桂冠もイメージしてしまいます。

お天気がいいので一週間もすれば乾燥します。
マイルドで爽やかな香りは、スープやシチューの臭み消しに仕えます。

カレーを作る時にも必需品です♪


ローリエ瓶202011.jpg

2020.05.20

5月のハーブ

自粛生活が続いていたゴールデンウィーク。
今年はいつもの年よりのんびりと、ハーブや植物のお世話ができました。

セージやゼラニウムも花を咲かせました。

セージ202005.jpg

202005ゼラニウム.jpg


花壇のラベンダーも蕾が膨らみ始めました。

ラベンダー202005.jpg
 

GWにはバジルとディル、ルッコラなどの種まきをしまして、
昨日ディルとバジルはちっちゃな双葉が出てました♪(写真はディル⇓)

ディル双葉.jpg


こちらは2013年に貸菜園で育てたディルの花です⇓
(ディルの柔らかい葉は生で食べる料理用ハーブとしておすすめの1つです。
大根サラダやピクルス、パスタやサーモンなどにとてもよくあいます。
背が高くなるので地植えがおすすめですが、植木鉢でも深いものなら大丈夫です。)

ディル2013-1.JPG


今年は他にも青じそや、プチトマト、オクラの苗を植えました。
育てる楽しみ♪ 無事に育つといいです☆
 

1  2  3  4  5  6  7  8 最新
〒467-0068 
愛知県名古屋市瑞穂区内方町1-29-2
map
TEL: 052-841-1717
FAX:052-841-1719
営業時間 / 10:00~18:00
定休日/ 日・祝
 
Copyright (c) 2012 アロマテラピーサロン&スクール ハート. Allrights Reserved.