メイン写真

Heart ブログHeart blog

2013.05.14

ジャーマンカモミールのお花

アロマ☆ハーブ☆フラワーレメディのある暮らし
アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です♪

初夏のまぶしい光の中、植物もエネルギ―に満ちて活き活きと
輝く季節となりました。

GW明けから今週末にかけて、
ハートのスクールはアロマやハーブのクラスが新たに8コース開講します。

専門学校の3クラスと4月スタートのインストラクターコースを合わせると、
13コースを、私を含めて講師4名で担当しています。

そんな中、秋に畑に種まきしたジャーマンカモミールのお花が
満開を迎えています!

カモミール.JPG

最近、カモミールのお花がとっても好きです。

心惹かれるハーブや精油も、日々変化しますが、
アロマを始めた20代のころは、ローズやジャスミンの香りが大好きでした。

30代になり、アロマのお仕事を始めると、
苦手だったジュニパーベリーの香りが、とてもいい香りに感じたり、
改めてラベンダーの香りの清らかさに癒されて、
日々お世話になりました。

ここ数年は、ネロリやベルガモットの香りがとても好きでした。

子供が赤ちゃんの頃、貴重な自分の時間には
深く心を落ち着けてくれるベチバーの香りに助けられたり。

長い周期で香りの好みの変化を見つめると、
まるで自分史を書くように、その時の自分の状態が蘇ってきます。

そして、最近になってようやく【母なる薬草・カモミール】の寛大さや母性
心惹かれるようになりました。

ヨーロッパでは、道端に生えているごく日常的なハーブ。
ローズのような華やかさはないけれど、薬草として確固とした歴史があります。

カモミールの「支配星はmoon3 
古代エジプトでは太陽神に捧げられる大切な植物だったそうです。

現実を味わい、自分の限界を知ることで逆に限界を広げていくような力強さ、
力を抜いて寛容に、
【太陽のように明るく生きるヒント】を与えてくれる薬草だと思います。





 


 

2013.02.20

春先の浄化のためのハーブティー

アロマ☆ハーブ☆フラワーレメディのある暮らし
人と人、人と自然から心と体の調和へ
名古屋のアロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。

ブログページをご覧いただき、ありがとうございます。

春とはいえ、まだまだ冷えますね。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ほんのりピンクのハーブティーで、を感じたい!

そして、冬の身体をデトックスしたいということで、

春先になると、毎年ブレンドするハーブティーのご紹介です。

ribbon春先の浄化のためのハーブティー 

浄化ハーブティー.JPG


diamond ローズ・・・女性の心と魂に喜びを与えるハーブです。
diamond ネトル・・・ミネラルたっぷりで、体を内側から浄化します。
diamond ハイビスカス・・・代謝を促し、利尿作用があります。
   (ハーブティーをほんのりピンクにしてくれます。)
diamond  レモンバーム・・・すっきりとした香りで、
             デリケートな心身の状態を整えます。

春先の浄化.JPGのサムネイル画像

3月4日(月)~4月6日(土)までの
期間限定春の身体と心を整えるアロマトリートメント
の際にもお出しする予定です。

ハーブティーにブレンドしているローズは

学名がRosa Gallica

昔は「薬屋さんのバラ」とよばれた品種で、

バラもかつては薬用に使われていたハーブだとわかります。


ハーブティーにはイギリスから購入した

ローズシロップをお付けします。

ハーブティーをほんのり甘くしてくれます。

オーガニックローズの香りが素晴らしいです!

是非、お好みでお試しください。







       
   

2012.12.13

サフラワー(紅花)のお酒

アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
ブログページにご訪問いただき、ありがとうございますheart01

11月に漬け込んだサフラワー(紅花)のお酒が完成しました。

フルーツやハーブをお酒やシロップに漬け込むのは、
梅酒感覚でとっても楽しいですwink

杏子やかりん、ゆずやレモンのお酒やシロップ(はちみつ漬けなど)は、
簡単に手作りできて味もとってもおいしいです。

ローズマリーやセージの白ワイン漬けや、
金木犀を白ワインにつけた【桂花陳酒】(こちらは市販品)もいい香りです!

旬の味や香りを楽しみながら、家庭で保存し活用する健康酒&シロップですね。

今回試したサフラワー(紅花・別名は末摘花)は、色素として、
また昔から女性の不調に活用されてきた植物です。
 (気になる症状のある方は医師に相談してください。
 また妊娠中の方はお控え下さい。) 

  サフラワー.JPG

下記のレシピは【女性のためのナチュラル・ケア(月刊クーヨン増刊号)】
に掲載された渡邉修さんのレシピです。
 
サフラワー8g(写真)
氷砂糖80g
紹興酒・ホワイトリカー各360g
(今回は家にある材料で作ったので、ホワイトリカーだけで作りました。)

サフラワー酒.JPG

約2週間漬け込んで、ガーゼでこして完成です。

サフラワー酒2.JPG

ちょっとくせがありますが、ハーブティーに少々加えて飲むと
身体もより温まる気がします。

ここまで書いて、数日前に届いたJAMHA(日本メディカルハーブ協会)会報誌
を見ていたら、渡邉修さんの薬膳酒レシピが掲載されていました!!

サフラワーのレシピもありましたが、シナモンとクコの実も入って、
よりバージョンアップしたレシピになっていました!!

寒さが本格的になる季節です。
ハーブや果実酒、エキナセア(免疫を高めるハーブ)のチンキ剤など
お酒を使ったレシピも活用して、冬を元気に乗り切りたいです。



 







 

2012.12.11

冬の定番ハーブティー

12月初旬に雪が降り、クリスマスに向けて街並みも華やかな季節となりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
 
寒くなってくると飲みたくなる【冬の定番のハーブティー】のブレンドを
ご紹介させていただきます。

 xmas ローズヒップ
 xmas オレンジピール
 xmas カモミール・ジャーマン
 xmas シナモン 

 

身体を温めるブレンド.JPG

(ローズヒップがメインで、オレンジピールもやや多め、
カモミールジャーマンは お好みで少々、
シナモンもお好みで全体の1/10位入れます。)

ローズヒップはビタミンCがたっぷり含まれていることで有名なハーブです。
ビタミンC以外にもペクチンやフラボノイド、色素成分も豊富です。
美肌作り、風邪の予防、忙しい時期のストレス対策にもおすすめです。

オレンジピールは温かくてほのかに甘い香りで、ほっと気持ちが安らぎます。

カモミールジャーマンは【家庭の定番ハーブ】ですが、
少し加えると、香りも豊かになり、愛らしいお花で見た目も優しくなります。

ポイントのシナモンは身体をぽかぽかと温めて、冷えからくる
様々な不調にもおすすめです。
(スティック状のものを、乳鉢で砕いてブレンドします。)

この4種のブレンドに、風邪のひき初めにはエルダーフラワー
エキナセア、ジンジャーをブレンドするのもおすすめです。

シナモンが好きな方には、大丈夫なお味だと思います。
是非お試しくださいねclover
 




 

2012.11.30

ハーブのお風呂

アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
明日から12月、寒さと乾燥で体調を崩しがちな時期に
ゆっくりとお風呂を楽しむためのハーブのバスバッグを作りました。

今回使ったハーブは
diamond ローズ・カレンデュラ・ローズヒップの3種類です。
 
   そこにオートミールを入れました。(合計で約20g)


ハーブ.JPG

このままガーゼに包むか、布製の袋に入れてもいいのですが、
フード用のミルで粉末にすると、ハーブのエキスがよく出るので
おすすめです。

ハーブ粉末.JPG

あとは、ガーゼに包んでひもで縛れば出来上がりです!

出来上がりバスバッグ.JPG

冬場はオートミールをいれると、お肌がしっとりとします。
お湯もにごり湯のようになっておすすめです。
ドイツでは【オート浴】といって、皮膚炎などに利用することも
あるそうです。

粉末にしたハーブの袋は、お風呂に入りながら肘や膝のお肌を
優しくマッサージしてもOKです。

香りを楽しみたい方は、ラベンダーの精油などを少なめに(2滴ほど)
加えると、香りも楽しめます。

今回はお肌のためのハーブをいれましたが、ラベンダーやリンデン、
ウスベニアオイ、夏場はフレッシュハーブなども利用できます。
(ハーブをいれると、浴槽の材質によっては着色する場合があ
りますので、気になる方は精油での沐浴をおすすめします。)

簡単にできますので、ぜひお試しくださいねheart

 

2012.10.05

リンデン(西洋ボダイジュ)

 こんにちは、アロマ&ナチュラルセラピーハートの牧野です。
ブログページにご訪問いただき、ありがとうございます。

10月に入り、少しずつ秋風を感じるようになりました。
少し冷え始めるこの時期は、不安感やイライラを感じやすい季節でもあります。
この時期おすすめのハーブの1つにリンデンのハーブティーがあります。

 リンデンは和名が西洋ボダイジュ、学名はTilia europaea(交配種)、
Tilia     atyphyllos(夏ボダイジュ)、Tilia  cordata(冬ボダイジュ)などで、
ハーブティーには花と苞葉(ほうよう)、または木部を使うこともあります。

(リンデンの葉はハート形ですが、「苞(ほう)」と呼ばれる花に一番近いところに
 ある葉は細長い形をしています。
 苞は実を包み込んで、プロペラのように風に飛ばされていくそうです。) 。。。。。。。。 
  
maple  お花と苞葉のティーは
☆豊かな甘い香り(ファルネソールなどの精油成分)で安眠や リラックスのお茶として

  
  
  
       ☆身体を温め発汗を促すことから風邪の初期のお茶として
 

 ☆お肌をしっとりと潤わせるために植物美容の分野などで使います。

香りが豊かでほのかに甘みもあるティーです。味も優しく子供でも飲みやすい
お茶ですが、単品だとやや薄味に感じる方はブレンドもおすすめです。
リラックスティーとしてはオレンジフラワーやレモンバーベナ、ジャーマンカモミール
とのブレンドや、風邪の引き初めにエルダーフラワーやペパーミントとのブレンドも
おすすめです。  

   
リンデン.JPGのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

樹木としてのリンデンは、ヨーロッパでは「守り木」としての歴史があり、
「千の用途をもつ木」「聖なる木」「審判の木」 とも言われていたそうです。
人々が集う教会や広場に植えられて、リンデンの木の下で語り合い、愛を育み、
時には木の下で裁判などが行われていたそうです。
  
リンデンの木の下でどれだけ多くの人生が巡って行ったかを考えると
樹木の神秘を感じます。

今でもヨーロッパの並木道ではポピュラーな樹木です。
以前旅した南フランスでは、リンデンのハーブをぎゅうぎゅうに詰め込んだ麻袋を
たくさん積んだトラックを見かけました。
パリのハーブ薬局でも無造作にカゴに盛って売られているのが印象的でした。

苞(ほう)という優しい響きの葉に守られたクリーム色のお花のハーブティーは、
生活の中でも心休まる瞑想の時間と、魂の安らぎさえ与えてくれる貴重なハーブです。

 maple  秋の夜長に是非お試しくださいねmaple


 

 

2012.09.09

のどに優しいハーブティー

9月に入り、少し夏の疲れが出てくる頃ですね。
先週は家族が順番に軽い風邪をひき、わたしも軽いのど風邪気味でした。
幸いひどくはなかったのですが、久々に試したのど風邪用のハーブティーを
ご紹介します。

咳のハーブティー.JPG


色が、なんとなく秋らしくて今の気分に合いました。
夏によく飲んだ、「疲労回復ブレンド」は真っ赤なハービスカスがポイントのブ
レンドで したが、季節や体調が変わると、好みも変わりますね。

写真のブレンドは
clubタイム、ウスベニアオイ、ローズヒップのブレンドです。

タイムは花言葉が“勇気”で、お料理に使うことでも有名なハーブです。
抗菌力が強く、呼吸器系の不調にもおすすめです。
薬草系の香りですが、意外に良い香りです。
ローズヒップやウスベニアオイとブレンドすると、飲みやすく感じます。

ウスベニアオイは、かすかにとろみのある喉ごしで、イガイガした感じを
和らげてくれます。

 他にマレインやエキナセア、セージなどもこれからの時期におすすめです。
少しずつ紹介していきたいと思います。


    
 
 


 

 

 

2012.08.24

9月のハーブティー

8月も残りわずかですね。秋に向けて9月のハーブティーを2種類ブレンド
しました。

clover 気持ちを落ち着けるリラックスブレンド

パッションフラワー、ベルベーヌ(レモンバーベナ)、ジャーマンカモミール、
リンデンの組み合わせです。

 パッションフラワーは「植物性の安定剤」と呼ばれるハーブです。 飲みやす
くすっきりとしたレモン風味のベルベーヌと、夏冷えで疲れた身体を温める
ジャーマンカモミール、 ほのかに甘い香りで緊張を和らげる リンデンのブ レンド
です。

リラックスブレンド.JPG


  clover   体の疲れをとるデトックスブレンド

バードック、ダンディライオン(タンポポコーヒー)、スギナ、エルダーフラワー、
カレンドュラの 組み合わせです。

バードックは日本では根菜として食べる「ごぼう」のお茶です。欧米ではごぼうは
食べないけれど、 ハーブティーとして古くから飲まれているそうです。
単品で飲むとごぼうの香りが豊かに漂います。

今回のブレンドでは、焙煎したタンポポの根のほろ苦い香りと、エルダーフラワーの
香りがほんのり加わって、意外に飲みやすいです。
食物繊維やミネラルも豊富な組み合わせです。
 

デトックスブレンド.JPG


野菜でもごぼうや人参など根のものは、滋養強壮に良いですよね。

最近読んだシュタイナーの本には、子供の頭をしっかりさせたい場合、人参を
食べさせよ。とありました。

(植物の根は、人間との対応では頭を意味するという考え方があります。)

私も 夏は、暑さのせいか頭もぼ~としがちでした(^_^;)

根菜を食事で取り入れるのもよいですが、ハーブティーも活用して、しっかりと
地に足をつけていきたいです。


サロンでのトリートメントの際にもお出ししています。是非お試しください♡


 

最初 前へ 1  2  3  4  5  6  7
〒467-0068 
愛知県名古屋市瑞穂区内方町1-29-2
map
TEL: 052-841-1717
FAX:052-841-1719
営業時間 / 10:00~18:00
定休日/ 日・祝
 
Copyright (c) 2012 アロマテラピーサロン&スクール ハート. Allrights Reserved.